韓国旅行ならジェットスターが最適!

旅行では少しでも旅費を安くしたいと思うのが心情です。前情報として旅行はお金がかかってしまうから遠慮しがちになり、近場の繁華街で妥協してしまいます。特に海外への旅行となると、飛行機に乗るわけですから一昔前の日本人からすれば一大イベントです。しかしそれもLCCの存在によってコストを大きく抑えることが可能になりました。海外でも日本から近い外国である韓国旅行はもう夢の話ではありません。

特にLCCの中でもジェットスターは運賃が安く、近場の海外旅行には最適です。なぜ運賃が安価となっているのかは、通常であればサービスをモットーとする航空会社各社ですが、ジェットスターはサービスを最低限にすることで安価を実現しています。しかしそもそもフライト時間が短い場合はサービスを気にする必要もありません。安価だけを考える場合、まさしく最適といえます。しかしいくら安価といえど安全面は大手航空会社と全く同じシステムを取っているため、そういった部分で不安視する必要はありません。さらに安価を考える場合、格安航空券と呼ばれるものを活用します。

非常に人気ですぐに予約が埋まってしまうため事前的な予定を組む必要がありますし、座席の間隔が狭いなどの注意点はあります。またピーチやバニラエアなどのLCC他社と比べてジェットスターのほうが高かった場合、問い合わせることによって安くしてもらうことが可能となるシステムがあります。他にも時期によって割引できるサービスや曜日によっても値段が変わってきますので、それらをうまく活用することによって費用が高い時の半額以下に抑えることも可能です。LCCにおける費用を抑える面において、実際に利用する際の注意点を挙げていきます。サービスは最低限で搭乗前の売店も値段が張ります。

機内のメニューも軽食も飲み物も大抵は高く設定されています。少なくとも飲み物は自身で準備していくほうが良いと思います。しかしLCCの多くが荷物チェックに関して厳しく、厳密に重量や大きさや個数が決められています。複数の荷物を預けると追加料金が発生します。そのため荷物は取捨選択が必須といえます。また、遅延や欠航があったとしても代理便の手配は全くありませんし、その航空会社の振替便でのみフライトを扱いますが、そのフライトが次の日になったりと色んな可能性があります。しかしそういった注意点を踏まえて利用することによって、旅のお供として強い味方になってくれること間違い無しです。

値段だけではなく予約購入も早く、片道購入もできるメリットもあり、人気が高まっています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です