出張の飛行機国際線内で行いたいこと

初めて国際線に乗る人は、飛行機内では何となく過ごしてしまいがちです。もちろん、慣れない国際線に乗っているわけですから、不安な気持ちを抱いてしまうことでしょう。しかし、国際線と言う長時間滞在する場所だからこそ、充実した時間を過ごしたいのです。
この記事では、私がおススメする国際線での過ごし方について紹介いたします。国際線での時間を有効活用することによって、今後さらに立派なサラリーマンに成長できることでしょう。

飛行機内での過ごし方で、一番おススメしたい方法が、「勉強をする」という方法です。とは言っても、ノートに向かって暗記をしまくると言うものではなく、リスニング程度の軽い勉強の方が効率的に行えます。
飛行機で過ごす時間が長くなると、けっこう暇になってくるものです。そんな暇な時間をボーっと過ごすよりは、何か目的を持って過ごしたほうがいいでしょう。リスニング程度の勉強であれば、軽い気持ちで進めることができますよ。また、海外到着後すぐに仕事が始まる場合は、資料などに目を通しておいてもいいでしょう。

次におススメしたい方法が、「読書」です。私の経験としては、難しい専門書よりは、軽く読める小説程度の方が、飛行機内で楽しむことができます。飛行機内は少なからず雑音はあるので、軽い小説程度がちょうどいいのです。また、雑誌などを読んでみるのも楽しいですよ。
移動時間によりますが、2~3冊程度を飛行機内に持ち込めば、退屈な時間を過ごすことなく目的地まで辿り着くことができるでしょう。
多くの空港内には書店がありますので、家から本を持っていかなくても、フライト前に購入することができますよ。

また、現地での観光情報を飛行機内でまとめておくのもおススメです。出張後などには、観光する時間がある方も多いのではないでしょうか。出張であれば、タダで海外に行ったも同然です。仕事をしていない自由時間を何となく過ごすのか、現地でしか経験できないことをして過ごすのかでは、今後のあなたの成長度が変わってくるのは言うまでもありません。
もちろん、仕事が第一優先という考えで、現地では過ごさなければいけません。しかし、海外に行けるということは、成長ができるチャンスなのです。そんなチャンスをできるだけ意味のある時間にしたいものです。