韓国へ行くならジェットスターがおすすめなワケ

ヨーロッパやアメリカへの海外旅行はまとまった休みがないと行くのが難しくて、旅費もかなり高くなるのでしっかり予算を積み立てたり長期的に計画する必要があります。アジアの国なら距離的に近いので路線によっては国内の移動より短い時間で行けてしまう国もあり、1泊2日や2泊3日などの日程でもじゅうぶんに楽しめるので、土日を利用したり連休を使って気軽に旅行ができます。特に人気があるのは韓国で、焼肉など美味しいグルメで知られているほかブランド物やコスメを買ったりエステに行ったりするために、若者を中心に渡航者の数が増えています。

お金をかけずに海外旅行をしたいならLCCを使うのが一番です。海外路線で定評があるのはANAの子会社であるバニラエアやオーストラリアを拠点にするジェットスターで、日本では国内線も成田空港や関西国際空港を発着する便が多いため海外に出かけるのが簡単です。JALやANA、大韓航空などを使うと近場でも往復運賃がかなりの金額になってしまい気軽に旅行ができないのに対し、LCCの格安航空券なら大手の国内線より安い値段で海外に行けることもあります。バーゲンやキャンペーンを使うともっとお得になるので、数千円でチケットを買えるチャンスもあり海外旅行がぐっと身近なものになります。

オーストラリア路線の多いジェットスターは韓国と日本を結ぶ直行便はありませんが、香港を経由したりオーストラリアから行く路線があるので複数の国や都市を周遊したいときや、トランジット時に免税店で買い物を楽しみたいときに便利に使えます。アジアやオセアニアの各都市を結んでいるLCCは多いので、成田から香港まで格安に行って乗り換えてもトータルの航空運賃が大手航空会社の直行便よりずっと安くなるケースもよくあります。

また、大手は日本国内で羽田や伊丹を基点にしているので国際線に乗るためにわざわざ成田や関空に電車やバスで移動する手間がありますが、LCCは国内で最初から成田や関空を発着するため移動の時間や交通費を節約できるメリットがあります。北海道から沖縄まで国内の路線も充実していて、大手が飛ばない早朝や深夜の時間帯にもフライトがあるので旅行の計画を立てるときに役立ちます。ほとんど荷物を持たずに身軽に出かけるなら受託荷物のオプションもいらないので格安な料金で移動できます。

ジェットスターを活用して安く韓国に行って美味しい料理やショッピングを楽しみましょう。