以前はバニラエアで1480円で韓国に行けました…

現在、日本の航空会社を使って日本から韓国に向かう場合は、ソウルへなら格安航空会社のピーチかANAだけとなります。金浦空港へなら、羽田から複数の航空会社が飛んでいます。航空運賃はピーチが最も安く、10,000円を切って最安値になったりしています。韓国を中心とした海外の格安航空会社も多数、日本と韓国を結ぶ路線に参入していますが、ピーチが最安値となっていることが多いです。

以前は、ピーチよりも安い日本の格安航空会社が就航していました。ANA系列のバニラエアです。なんと成田ソウル間、片道1480円という格安航空券を販売していたこともあったくらいです。

この価格なら、電車で少々離れた場所に行くのと変わりません。しかも日本の航空会社です。言葉も通じやすく、使い勝手がいいわけですから、年配者でも海外旅行の初心者でも、利用しやすいわけです。成田空港を使っていましたから、その面では不便もありましたが、海外旅行ですから、そこは割り切れていたでしょう。旅行客にとってはいい時期が続いていましたが、さすがにその価格では採算が取れなくなったのでしょう。

成田空港とソウルを結ぶ路線には、海外の格安航空会社が多数参入し、便数がますます過剰になっていくような状況でもありましたので、そのためもあってか、2015年にバニラエアはこの路線から撤退することになりました。運休という発表でしたが、その後、羽田からソウルにANAが就航しましたので、事実上の撤退だったということでしょう。しかしバニラエアは、他の海外路線には変わらず就航しています。会社としての経営状態ということではなく、成田ソウル便の低価格路線が維持できなくなったということでしょう。

飛行機を飛ばし続ける以上は、空気を運ぶより、どんなに航空運賃を下げても、座席は埋めたいものです。従来は、空気を運んでいようと、日本の航空会社は決して値下げしませんでした。全社が同じ路線で同一運賃としていて、割引きプランもないに等しかったので、航空運賃は一律で、競争もありませんでした。航空運賃は新幹線より高く、飛行機に乗るのは少々ぜいたくなことだったのです。しかし、その頃海外ではエアバスなどという言葉もあり、飛行機はとうにごく身近な乗り物となっていました。日本でもようやくその状況に近づきつつあります。
さすがに1480円という値段はもう見られないかもしれませんが、格安航空会社には、ぎりぎり採算の取れる価格で、運航を続けてほしいものです。”

韓国へ行くならジェットスターがおすすめなワケ

ヨーロッパやアメリカへの海外旅行はまとまった休みがないと行くのが難しくて、旅費もかなり高くなるのでしっかり予算を積み立てたり長期的に計画する必要があります。アジアの国なら距離的に近いので路線によっては国内の移動より短い時間で行けてしまう国もあり、1泊2日や2泊3日などの日程でもじゅうぶんに楽しめるので、土日を利用したり連休を使って気軽に旅行ができます。特に人気があるのは韓国で、焼肉など美味しいグルメで知られているほかブランド物やコスメを買ったりエステに行ったりするために、若者を中心に渡航者の数が増えています。

お金をかけずに海外旅行をしたいならLCCを使うのが一番です。海外路線で定評があるのはANAの子会社であるバニラエアやオーストラリアを拠点にするジェットスターで、日本では国内線も成田空港や関西国際空港を発着する便が多いため海外に出かけるのが簡単です。JALやANA、大韓航空などを使うと近場でも往復運賃がかなりの金額になってしまい気軽に旅行ができないのに対し、LCCの格安航空券なら大手の国内線より安い値段で海外に行けることもあります。バーゲンやキャンペーンを使うともっとお得になるので、数千円でチケットを買えるチャンスもあり海外旅行がぐっと身近なものになります。

オーストラリア路線の多いジェットスターは韓国と日本を結ぶ直行便はありませんが、香港を経由したりオーストラリアから行く路線があるので複数の国や都市を周遊したいときや、トランジット時に免税店で買い物を楽しみたいときに便利に使えます。アジアやオセアニアの各都市を結んでいるLCCは多いので、成田から香港まで格安に行って乗り換えてもトータルの航空運賃が大手航空会社の直行便よりずっと安くなるケースもよくあります。

また、大手は日本国内で羽田や伊丹を基点にしているので国際線に乗るためにわざわざ成田や関空に電車やバスで移動する手間がありますが、LCCは国内で最初から成田や関空を発着するため移動の時間や交通費を節約できるメリットがあります。北海道から沖縄まで国内の路線も充実していて、大手が飛ばない早朝や深夜の時間帯にもフライトがあるので旅行の計画を立てるときに役立ちます。ほとんど荷物を持たずに身軽に出かけるなら受託荷物のオプションもいらないので格安な料金で移動できます。

ジェットスターを活用して安く韓国に行って美味しい料理やショッピングを楽しみましょう。

ピーチで行く!格安航空券でおトクな韓国旅行!

韓国への格安航空券であればピーチをおすすめします。格安航空といえば例えばバニラエアもありますが、韓国へは就航していません。ピーチであれば大阪関西空港からソウルとプサンに、東京羽田空港からソウルに、さらに沖縄那覇空港からソウルへの便が就航しています。平均的な価格は往復で5万円程度ですが、時期によっては格安の運賃があり、往復で1万5千円くらいになることも十分にあります。ですから、国内線と同じくらいか、それよりも安い値段で海外旅行に行けてしまうということになるのです。

ただし、格安航空券にはいろいろな制約がありますから、気をつけて利用する必要があります。最も基本的な運賃種別について説明しますと、まず予約はインターネットからが基本です。予約センターに電話したり、空港カウンターで対面で予約することもできますが、2000円から3000円程度とかなりの手数料がかかってしまいます。予約の次は支払いです。運賃の支払うことそのものにまで手数料を取るというのは、ちょっと考えればおかしいような気もしますが、そういう規定なのですから仕方がありません。クレジットカードかコンビニ支払いとなりますが、400円から500円程度の手数料が必要になります。便の変更にも3000円程度の手数料が必要ですし、払い戻しは基本的に出来ません。
また、座席の指定についても手数料がかかります。

どの座席を指定するかにもよりますが、1000円程度です。受託手荷物については1個目から手数料がかかり、1個あたり2000円です。もちろん機内食や飲み物も全て有料で、機内食は1000円程度、軽食は500円程度、飲み物は200円程度かかります。

このように、格安航空会社では何かにつけて全てに手数料がかかることで、全体としてみると意外と高くつく場合もあるでしょうが、これは人によって利用したり利用しなかったりするようなサービスは全てオプションとすることで、基本運賃を値下げしているということですから、考え方によっては非常に納得感の高いものと言えます。たとえば大手航空会社では飲み物も全て無料ですが、ジュースを1杯しか飲まない人にとっては、ワインのフルボトルを何本も空けてしまうような人が本来支払うべきお金まで自分の財布から支払わされているという言い方もできるからです。
結局のところは、多少いろいろなオプションをつけても、大手航空会社よりはよほどリーズナブルな値段で韓国旅行ができるでしょう。

韓国旅行ならジェットスターが最適!

旅行では少しでも旅費を安くしたいと思うのが心情です。前情報として旅行はお金がかかってしまうから遠慮しがちになり、近場の繁華街で妥協してしまいます。特に海外への旅行となると、飛行機に乗るわけですから一昔前の日本人からすれば一大イベントです。しかしそれもLCCの存在によってコストを大きく抑えることが可能になりました。海外でも日本から近い外国である韓国旅行はもう夢の話ではありません。

特にLCCの中でもジェットスターは運賃が安く、近場の海外旅行には最適です。なぜ運賃が安価となっているのかは、通常であればサービスをモットーとする航空会社各社ですが、ジェットスターはサービスを最低限にすることで安価を実現しています。しかしそもそもフライト時間が短い場合はサービスを気にする必要もありません。安価だけを考える場合、まさしく最適といえます。しかしいくら安価といえど安全面は大手航空会社と全く同じシステムを取っているため、そういった部分で不安視する必要はありません。さらに安価を考える場合、格安航空券と呼ばれるものを活用します。

非常に人気ですぐに予約が埋まってしまうため事前的な予定を組む必要がありますし、座席の間隔が狭いなどの注意点はあります。またピーチやバニラエアなどのLCC他社と比べてジェットスターのほうが高かった場合、問い合わせることによって安くしてもらうことが可能となるシステムがあります。他にも時期によって割引できるサービスや曜日によっても値段が変わってきますので、それらをうまく活用することによって費用が高い時の半額以下に抑えることも可能です。LCCにおける費用を抑える面において、実際に利用する際の注意点を挙げていきます。サービスは最低限で搭乗前の売店も値段が張ります。

機内のメニューも軽食も飲み物も大抵は高く設定されています。少なくとも飲み物は自身で準備していくほうが良いと思います。しかしLCCの多くが荷物チェックに関して厳しく、厳密に重量や大きさや個数が決められています。複数の荷物を預けると追加料金が発生します。そのため荷物は取捨選択が必須といえます。また、遅延や欠航があったとしても代理便の手配は全くありませんし、その航空会社の振替便でのみフライトを扱いますが、そのフライトが次の日になったりと色んな可能性があります。しかしそういった注意点を踏まえて利用することによって、旅のお供として強い味方になってくれること間違い無しです。

値段だけではなく予約購入も早く、片道購入もできるメリットもあり、人気が高まっています。

出張の飛行機国際線内で行いたいこと

初めて国際線に乗る人は、飛行機内では何となく過ごしてしまいがちです。もちろん、慣れない国際線に乗っているわけですから、不安な気持ちを抱いてしまうことでしょう。しかし、国際線と言う長時間滞在する場所だからこそ、充実した時間を過ごしたいのです。
この記事では、私がおススメする国際線での過ごし方について紹介いたします。国際線での時間を有効活用することによって、今後さらに立派なサラリーマンに成長できることでしょう。

飛行機内での過ごし方で、一番おススメしたい方法が、「勉強をする」という方法です。とは言っても、ノートに向かって暗記をしまくると言うものではなく、リスニング程度の軽い勉強の方が効率的に行えます。
飛行機で過ごす時間が長くなると、けっこう暇になってくるものです。そんな暇な時間をボーっと過ごすよりは、何か目的を持って過ごしたほうがいいでしょう。リスニング程度の勉強であれば、軽い気持ちで進めることができますよ。また、海外到着後すぐに仕事が始まる場合は、資料などに目を通しておいてもいいでしょう。

次におススメしたい方法が、「読書」です。私の経験としては、難しい専門書よりは、軽く読める小説程度の方が、飛行機内で楽しむことができます。飛行機内は少なからず雑音はあるので、軽い小説程度がちょうどいいのです。また、雑誌などを読んでみるのも楽しいですよ。
移動時間によりますが、2~3冊程度を飛行機内に持ち込めば、退屈な時間を過ごすことなく目的地まで辿り着くことができるでしょう。
多くの空港内には書店がありますので、家から本を持っていかなくても、フライト前に購入することができますよ。

また、現地での観光情報を飛行機内でまとめておくのもおススメです。出張後などには、観光する時間がある方も多いのではないでしょうか。出張であれば、タダで海外に行ったも同然です。仕事をしていない自由時間を何となく過ごすのか、現地でしか経験できないことをして過ごすのかでは、今後のあなたの成長度が変わってくるのは言うまでもありません。
もちろん、仕事が第一優先という考えで、現地では過ごさなければいけません。しかし、海外に行けるということは、成長ができるチャンスなのです。そんなチャンスをできるだけ意味のある時間にしたいものです。